その他商品

ヒューメイト

ヒューメイトとは

ヒューメイトはジュラ紀のシダや藻・草などが積層され、経年変化の元に現在の腐植粉体へと形状変化した物質をいいます。 通常、植物積層体は加温、圧力を繰り返すことにより、化石燃料(石炭)になりますが同じ地層にありながらヒューメイトは微生物の体内を通過する(微生物の排出物体)ことで、人や動物をはじめ、地球環境への有効なさまざまな機能を持つ形状へと進化してきました
ヒューメイトは米国で採取された湖底性腐植物質です。
ヒューメイトは湖底性腐植物質で、現在は隆起層鉱脈から採取されています。 また、ジュラ紀湖底からの堆積物ですので、生活排水などの不純物がなく、高純度物質です。
国産フミン物質との違い。
現在、海洋性深層水が全国の店頭にて販売されております。また、一部では微量の海洋性フミン物質を混入した清涼飲料水などが販売されております。日本におけるこれらの原料は何処から採取されるのでしょうか?
一部の企業は、海の底からボーリング法で採掘しております。また、日本列島は元々隆起した大陸ですから、限られた範囲で、隆起層が発見されます。 フミン物質は日本全国いづれの土壌にも微量に含まれております。
名水といわれる「湧き水」にも大量にフミン物質は含まれております。冬場の手あれのひどい人が、この湧き水で手洗いすると自然治癒するのはフミン効果によるものです。
また、この湧き水は優良バクテリアを助長しますので、パンやうどん、そばの製造に最適です。さらに「七輪」をつくる土は、多くのフミン酸が含まれております。炭火で焼いた秋刀魚は美味しいといわれておりますが、実はフミン効果であるという説もあります。
ヒューメイトの構成物質
ヒューメイトは湖底性腐植物質で、現在は隆起層鉱脈から採取されています。 また、ジュラ紀湖底からの堆積物ですので、生活排水などの不純物がなく、高純度物質です。

ヒューメイトの特性

農業資材
ヒューメイトを土壌に混ぜることで
土壌が活性化されます。

【 効 果 】
○土壌の改良 ○保水性UP
○ミネラル分の再生復活 ○通気性・浸透性UP
○微生物の増加 ○アミノ酸特性付加
○物発芽性向上 ○植物の成育促進
○堆肥などの消臭

農業資材
炭、活性炭、火山灰、自然環境下では多くの多孔質物質があり、これらの物質は非常に大きい表面積を持っている物質といえます。そして、表面積の大きい物質は空気中のあらゆる物質を吸着します。
その吸着力は表面積に比例して、活性炭の表面積は約1,000㎡/gといわれております。
しかし、ヒューメイトの表面積は約1,500㎡/gあり、遥かに活性炭を凌ぐ物質といえます。
ヒューメイトの吸着能力と触媒作用
多くの多孔質物質は臭いや雑菌等を吸着しますが、吸着能力が飽和状態に達してしまうと、「危険物質」になりかねません。
現在、炭ブームともいわれ家屋の床下等に炭を敷き詰め、多用されていますが、頻繁に交換することもありませんので、現実には炭公害にもなっております。このことは「触媒作用」機能の有無によるもので、同じ多孔質でありながら、リサイクル可能な商品にはなり得ないものばかりです。 ヒューメイトをペレット化し、ろ過剤としました。濃アンモニアはペレット内蔵の空間を通過し、窒素をペレットに吸着し、水素を排出します。これはヒューメイトの持つ触媒(キレート)作用によるものです。