リフレクティックス-補助金採択事例【経済産業省:ZEB】-

『平成26年度 ネット・ゼロ・エネルギービル実現に向けた先進的省エネルギー建築物実証事業(補正予算に係わるもの)』

PAL* 30%低減 / 一次エネルギー消費量 57%削減
補助事業名 豊国工業株式会社 事務所ZEB化事業
現状での建物のエネルギー特性 既存建物は、築35年と老朽化しており、屋根・外壁はスレート、外部建具はスチールサッシュ+単体ガラスとなっていて気密・断熱がよくなく空調の負荷が高い建物となっています。また、空調は冷温水機で行っており最近は原油高の影響を受けやすく燃料費が高騰している。
ZEB実現のコンセプト 事務所のZEB化実現のために、建物の外部の断熱性能・気密性能を高め、従来の設備機器を高効率設備機器に更新し、BEMS装置とシステム制御技術により、建物の省エネルギー性能を高める。

≪ 導入前 ≫
◆既設屋根
スレート葺き+木毛セメント板t20
対象面積483㎡
◆既設外壁
スレート葺き+木毛セメント板t20
対象面積206㎡

≪ 導入後 ≫
◆既設屋根の上+外断熱(リフレクティックスt8)
 +ZeroD-Roofやまなみt0.5
屋根対象面積483㎡
◆既設外壁+外断熱(リフレクティックスt8)
 +各スパンドレルt0.4
外壁対象面積206㎡


全体がわかるシステム概念図

屋根外断熱(リフレクティックスt8)
外壁外断熱(リフレクティックスt8)
Low-E複層ガラス
LED照明
天吊人感センサー付きエアコン
中央監視PC BEMS