こんな悩みに
リフレクティックス

合資会社じゅうねん様

従来の断熱パネル仕様に対して、光熱費は1/3。
遮熱材:リフレクティックス仕様のしいたけハウス。

ご依頼背景

じゅうねん様の運営するしいたけ栽培ハウスでは、夏場に冷房を、冬場にボイラーを回し続けることで、ハウス内を一定の室温に保っています。一年中空調設備を稼働させるため、ランニングコストが非常に大きくなってしまうことがお悩みでした。

ご提案内容

リフレクティックスをご存じでなかった当初は、エネルギー効率を考えて、ウレタン断熱パネル仕様のハウスを検討していたとのこと。その場合、本体価格で約800万円の施工費がかかります。さらに、空調設備本体や付帯設備も含めると総額は約1,500万円。対して、リフレクティックス認定企業であるサンテック様のお見積もりの総額は、半分以下の約740万円でした。

結果

本格的に冷え込む1月でも、ボイラーを稼働させず、暖房1台で目標温度を維持することが可能になりました。特に気温が高い・あるいは低いときのみ、補助的に冷房またはボイラーを使用しているそうです。月々の光熱費を比較したところ、当初検討していたウレタン断熱パネルの試算では、4~12月にかかる光熱費は約81万円でしたが、リフレクティックスは、1/3の約27万円。じゅうねん様の社長:鈴木様は、「次のハウスもぜひリフレクティックスでつくりたい」とおっしゃっています。